Z会「小学生コース5年生」の資料とネェネのチャレンジ5年生での比較。今回は「理科」です(^-^)

<1カ月あたりの「理科」の学習時間>

Z会     1回あたり40分×月3回(スタンダードの場合。ハイレベルは月4回)
+てんさく問題1回
チャレンジ 1回あたり20分×月4回

(副教材や返却後の添削課題の復習時間は除く。
号によっては変更もあります)

 

チャレンジにはいろいろな副教材が届きますが毎月ではなく(6年生の『実力アップチャレンジ』には理科もあり)、添削課題も理科にはないので、学習時間だけを比べるとZ会に軍配が。

国語以外はZ会も教科書に対応。おためし見本と、チャレンジの5月号がちょうど同じ単元を扱っていたので、比べやすいように各回のタイトルを表にまとめてみました。

Z会小学生コース5年生
エブリスタディ見本号
(※4月号に相当する内容ですが、
実際の4月号とは異なるそうです)
チャレンジ5年生5月号
(※教科書によって異なります)
 種子の発芽☆  種子の発芽
 発芽した植物の成長  発芽の条件
 いろいろな植物の発芽と日光  種子と養分
 うでだめし! 実力アップ問題
(発展問題。ハイレベルのみ)☆
 ポイントまとめ
テスト100点問題
つなげて! サイエンス(発展問題)

☆が見本号に問題が載っている回です。このほか、Z会に1ページ(問題つき)、チャレンジに3ページ読み物がついています。

Z会は、教科書の確認から練習問題まで「タイトルごとに内容が完結」。
別途料金(毎月払いなら月200円)が必要なハイレベルのみ、第1~3回で学習した内容を組み合わせて解く「発展問題」があります>>ホームページはコチラから

チャレンジは、算数同様、最後(第4回)に「全体のまとめやテスト対策問題がある」
という点が特徴です>>ホームページはコチラ
icon

次回チャレンジとZ会:5年生「理科」を比較☆テキスト・答え・発展問題で、それぞれのページをさらに詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>