親ブログの2012.1.31の記事の再録です)

進研ゼミ小学講座では、保護者を支援する「チャレンジ通信」という冊子も届きます。
さらに今回の「チャレンジ通信4年生2月号」では、別冊特別号「今知っておきたい進路・進学事情」も同封されていました。

「え~っ! まだ4年生なのに、もう進路??」と思いますよね。

ところが、ネェネの希望で「中学受験(受検)」について調べていたら、「少なくとも高校まで、できるなら大学までの進路の見通しを立ててからでないと、中学校を選べない」ということがわかったんです……(-‘-;)

 

つまり、「どこに行きたいか」の目星をたてて、「そこに行けそうな(教育をしている)学校を選ぶ」ということ。そういう意味では十分タイムリーな情報なのでした。

内容は2部構成。

「第1章 『進路力』を身につけた輝く先輩たちの感動ストーリー」では、

CA3G02810001.jpg

途中退会もあるものの、「小学校から高校まで進研ゼミを受講していた」3人の先輩が登場。「進研ゼミをどのように活用したのか」、「保護者のかかわり方」などがインタビュー形式で紹介されています。

「進路力」とは、「さまざまな情報を収集し自分の将来を考える力、そして、社会に必要とされることを身につけていく力」だそうで、それを身につけたという先輩たちは、それぞれ、公立小・中学校から

 私立高校→有名私立大学(法学部と別の学校の理学部)

 公立高校→国立大学(教育学部)→テレビ局に就職

「進研ゼミ」は授業での成績アップにはもちろん、私立高校や国立大学への入試対策でも役立ったんだとか。

CA3G0274.jpg

冊子の裏表紙にも「中学講座の合格実績」が。

 
実は、私も中学生のころ、「進研ゼミ」で受験勉強したんです。(まだベネッセコーポレーションではなく「福武書店」の時代……*^ ^*)

経済的に塾には行けなかったんですけど、無事、公立高校に合格。体験記を書いて500円分の図書券をもらいました☆

なので、「進研ゼミ」にはちょっと思い入れもありますし、信頼感も。

ネェネの成績も今のところ良いし、しばらくは、このまま受講を続けていけばいいかな、と思っています。icon

「第2章 専門家に聞きました!『進路力』を高めるために知っておきたい5つのこと」では、

CA3G02820001.jpg

大学までの進路や学部・入試スタイルの多様化、公立中学・高校の変化、学歴から能力重視へと変わる就職事情、今からできる「進路力」の身につけ方、について紹介。

「『進路力』を育むとは、『自立心』を育むこと」だそう。ふだんの生活を振り返って、いろいろ反省させられました。

さて、いよいよ来月3月号は「チャレンジ4年生」の最終号です。

c7c275a0.jpeg

ミラクルペンでこすると答えが浮き出る不思議な「4教科これだけおさらいBOOK」と、友達作りを応援・5年生生活が盛り上がる?「わくわくカード3(スリー)」の「4教科これだけおさらいセット」が付録。

メインテキスト「チャレンジ」も、「1年間のおさらいがたったの14日間で終わる!」とか。

そっか、3月号は楽勝? やったー\(^▽^)/♪
……その前に1月号がまだだった……。

 
スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>