毎号しっかりした英語教材が届くチャレンジ5年生。

Z会の英語は、4教科セットとは「別料金」で受講が必要だし(そのぶん添削付きで量は多いけど)、小学ポピーは、「特別教材が4月(または入会時)に届く」だけのようだし(おためし見本の資料より)。

なのでこの点は、チャレンジ推します☆
icon

 

で、7月号の「Enjoy English」では、

  • 表現: What vegetable do you like? の質問に I like ~. と答える。
  • 単語: 「肉」や「魚」・「飲み物」の名前、「アイスクリームの味」について19単語。
  • アルファベット: 大文字 J~R の読み方と形。

について学習。

しかも、年3回のチャレンジウェブ(http://www.benesse.co.jp/s/land/)
iconでのテスト「きみの英語力★チェック」の第1回が、

いよいよ7月19日オープン予定。チャレンジ、やるぅ~♪

ところが最近、チャレンジは英語も「学校の授業に対応」のはずが、ネェネの話を聞いているとなんだか違うことが判明。

「ネェネ、チャレンジの英語って、授業と合ってる?」
ネェネ「違うよ」

ありゃりゃ、本当?

そういえば、「授業に合わない場合」には、チャレンジウェブに補足コーナーがあったはず。

これこれ、「Hi friends!1対応 授業のポイント学習コーナー」
(チャレンジウェブ5年生のページから「マイルーム→ぼうけんの森→学習エリア→授業のポイント学習コーナー」で見られます)

ネェネも「『Hi friends!1』、学校で使ってるよ!」。良かった~。

どんなコーナーか見てみると、授業で習う「表現」や「単語」が、音声付きで掲載。
「Enjoy English」の充実度に比べるとかなりミニ版ですが、授業の予習・復習やヒアリングの勉強にはなりそうでした。

でも、せっかくの「Enjoy English」。こっちも取り組まないと、もったいない(><)感じ。

授業範囲は超えちゃうけど、勉強しちゃおうか、ネェネ?と思っていたら、「面白い」と自主的に取り組んでます(^-^)

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>