チャレンジ5年生10月号の4教科応用力アップシリーズは、理科の「宇宙と地球のなぞファイル」

今回は、さらに「飛び出す 宇宙地球BOX」という立体教材もついていて、一緒に使うことで、天体や自然現象といった難しい知識が楽しく身につくように工夫されています。

 

「飛び出す 宇宙地球BOX」は、その名のとおり“飛び出す絵本”のように立体になる教材。

宇宙・銀河・太陽系・地球内部のしくみ、大陸の動き・火山の噴火や水のはたらきで変化する大地などについて解説されています。

折ったり破ったりしないようにと、ちょっと気を遣いますが^^;、

めくったり、

回したり、

押したり、

引っぱったり、

開いたり、と、次から次へ読みたくなるしかけがいろいろ♪

「宇宙と地球のなぞファイル」も内容が連動していて、

こちらは、マンガやイラスト、写真での説明。
「飛び出す 宇宙地球BOX」と交互に活用することで、より理解を深めることができるようになっています。

こういう副教材のウレシイ点は、日進月歩の科学についても比較的新しい情報で学ぶことができること。

たとえば、「宇宙と地球のなぞファイル」は、平成24年7月現在(「飛び出す 宇宙と地球BOX」は、平成24年5月現在)の情報なんです☆

図鑑や百科事典だと買ってからしばらくたつと古くなっちゃうけど、勝手に新しい内容が届くところがラクチンですね。

そうそう、今号の保護者向け「チャレンジ通信」の特集は、「忙しいときこそ楽ラク学習定着 会話DEおさらい術」

疲れていたり、忙しくて自宅学習の時間が取りにくくなる10月でも、親子の会話のなかで「復習」ができるそうなんです。

今回の応用力アップシリーズで取り上げられている「台風」なんて、タイムリーな話題かも。大人が読んでも面白い教材ですよ(^-^)

>>【チャレンジ5年生】ホームページを見てみる
icon

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>