チャレンジ5年生11月号が届きました♪ 今回も10月号に引き続き、赤ペン先生の問題を1教科でも提出すればプレゼントがもらえる応援キャンペーンを実施。サポート教材は2教科! 5年生秋の難単元・算数の「単位量あたりの大きさ」と社会の「貿易」が学べます。

保護者向け「チャレンジ通信」は、気になる「進路別 教育費シミュレーション」が特集でした。

 

<今回届いたもの>(以下、は必ずやる課題、は時間のあるときにやるもの)

メインテキスト「チャレンジ5年生 国算社理」&「答えの本」
(目標時間1回20分。各教科6P〈一部4P〉が4~6回の計19回。提出課題「赤ペン先生の問題」〈国語・算数〉付き)

「実力アップチャレンジ5年生(国算)」
(1回20分、国算各2P×4の計8回。「標準」か「挑戦」かコースが選べます)

テキストと赤ペン、実力アップチャレンジは、
ホームページにWEB見本ありますよ>>【チャレンジ5年生】教材のご紹介
icon

「4教科応用力アップシリーズ」(今号は、算数「ニガテさよならBOOK」

「世界一周!貿易すごろく」

・「Enjoy English」
(1回15分×4回。今月の表現「I don’t ~. 『~しない。』という言い方を知ろう!」。8月号で届いた「CD2」も使います)

・「未来!発見BOOK」
(知的好奇心特集「きん張するから楽しくなる!? ゲームでわかる! ドキドキのひみつ」、生活応えん特集「クタクタなココロとカラダを今すぐリセット!」ほか)

・保護者向け「チャレンジ通信5年生」
(特集「忙しいときこそ楽ラク学習定着 会話DEおさらい術」、教えてセンパイ! 5年生のお悩みサロン「5年生に効く『ほめ方』『叱り方』」ほか)

赤ペン問題を国語か算数のどちらかでも11月30日に届くように提出すれば、見たものが二重になったり虹色になったりする不思議な「Wプリズムグラス」がもらえます。

 

今号の「チャレンジ通信」の特集は、「備えあれば憂いなし! 進路別 教育費シミュレーション」

これから先、教育費がどのように増えていくか(恐怖~)、国公立・私立と、ケース別に紹介。ファイナンシャルプランナーさんのアドバイスもありました。

お話によると、出費に備えるためのカギの一つが、やっぱり「自学自習力」。

これを身につけておけば塾に通わずに済んで安上がり、というだけでなく、塾に通う場合にもお任せにならず「目的を絞って活用することができる」ので、余計な出費を減らすことができるのだとか。

WEB版「チャレンジ通信.net」には、具体的に教育費の試算ができる「教育マネーみつもり君」があります。こちらはパスワードなしで利用できたので、気になる方はのぞいてみては?>>http://navi.benesse.ne.jp/sho/oya/challetsu/
icon

=====================================
▼チャレンジ5年生に関する詳しい内容や最新情報コチラでご確認ください。
【チャレンジ5年生】ホームページ
icon

(11月号<10月31日22時締切>から入会すると、
「英語の授業バッチリDVD」「パーフェクト漢字計算マスター」ももらえるそうですよ☆)
=====================================

チャレンジ5年生の良い点・難点など特徴は>>コチラの記事からどうぞ♪

 

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>