チャレンジ5年生3月号で提出した「実力診断テスト」の結果が帰ってきました♪
いつもの成績表に加え、今回から希望者には「高校合格学習アドバイス」も。

早くも「高校入試」が視野に入ってきましたね。

※2016年2月23日追記:この記事は2013年4月20日のものです。進研ゼミプラス小学講座オリジナルスタイル(従来の紙のテキスト)公式サイトiconによると2015年度3月号の実力診断テストはネット提出すると返却もネットでされるので郵送での教材はないとか。また、高校受験情報の有無も不明です。

進研ゼミ小学講座チャレンジ5年生の「実力診断テスト」とは?提出後返ってきた教材

チャレンジの「実力診断テスト」(「実テ」)とは、添削「赤ペン先生の問題」とは別に8・12・3月の年3回行われる全国規模の学力試験。

国語・算数・理科・社会の4教科をマークシートもしくはインターネットでの番号入力で解答します。

今回届いたのは

・ネェネ専用
「5年カンペキ 実力しん断テスト 成績表&学習アドバイス」
(学習パワーアップアドバイス付き)

・同じく専用「4教科個別復習ドリル」

・「答えとくわしい考え方」

・「小5版 高校合格学習アドバイス」

期限までに提出したので今号のプレゼント「ノートまとめDX(デラックス)セット」も同封されてました♪ マーカーに穴が開いている(矢印)のが不思議。

高校受験情報も!実力診断テスト提出後に返ってきた教材の内容

「実テ」は全国や都道府県別など地域別の「順位」がわかったり、教科ごとに学習到達度も分析してくれるんです。チャレンジは楽しいだけじゃない。

「学習パワーアップアドバイス」では、一緒に提出した「学習スタイルについてのアンケート」をもとに<成績を上げるためのアドバイス>を提案してくれます。

ネェネは「これからがんばろうタイプ」ですね^^;(成績自体は<全国順位5%以内のトップレベル>だったんですけど…)

右ページに「キミへのアドバイス」や、住んでいる都道府県の「主な高校の合格者数」(<『中学講座』3ヵ月以上受講経験者からのご報告>をもとにした合格実績)が載ってました。

「4教科個別復習ドリル」は、各教科4ページずつ(計16ページ)の問題が。

「答えと考え方」もありますが、けっこうなボリューム。

問題は「ハイレベル」「標準レベル」「基礎レベル」から、成績に合わせて「自分専用」が届きます。

「答えとくわしい考え方」は、テキストの「答えの本」よりシンプルなのが特徴。

文体も「ですます調」で真面目な感じです。

今回初めてもらった「高校合格学習アドバイス」は、

自分の都道府県の高校・学科別<〈進研ゼミ合格可能性判定模試〉受験者の合格実績一覧>(上写真)と、その前ページにある自身の<成績ランク>から、今後どの学校が「目標」になっていくのかの目安に。

パッと見ではどう参考にすればいいのかわかりにくいので、ズバリ「狙えるのはココだ!」みたいに何校か挙げてもらえるともっと現実味が出てくるかな。

それでも、気になる高校について調べてみたり。
早くから志望校が明確になってくると、勉強への「やる気」が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>