チャレンジ5年生5月号が届きました。「Enjoy English」のテキストとCDが届いて、本格的な英語学習もスタート。

会員向けサイト「チャレンジウェブ」(http://www.benesse.co.jp/s/land/)iconでは、5月17日(木)に、親子の「チャレンジ」学習をサポートする「発達障害支援サイト」もオープンするそうです。

<毎月届くもの>(以下、は必ずやる課題、は時間のあるときにやるもの)

メインテキスト「チャレンジ5年生 国算社理」&「答えの本」
(目標時間1回20分。各教科6P〈一部4P〉×計19回。提出課題「赤ペン先生の問題」〈国語・算数〉付き)

「実力アップチャレンジ5年生(国算)」
(1回20分、国算各2P×4の計8回。「標準」か「挑戦」かコースが選べます)

「4教科応用力アップシリーズ」
(今号は、理科の「発明発見リサーチファイル」)

「Enjoy English」(1回15分×4回。5~7月号で一緒に使う「CD1」付き)

・「未来!発見BOOK」
(知的好奇心特集「ミステリーツアーへご招待」、生活応えん特集「短きょり走でもっと速く走るコツ」ほか)

・保護者向け「チャレンジ通信5年生」
(特集「立てる・続けるのヒケツは『今日の大事』! ムリ・ムダなしで続く勉強計画」ほか)

5月号(4月28日(土)22:00締切)から入会すると、「世界なるほど地球儀」パーフェクト漢字計算マスター、「チャレンジ5年生スタートDVD」も届きます。

>>【チャレンジ5年生】ホームページ「教材のご紹介」
icon

さすが高学年ともあって、おもちゃっぽい「お楽しみ系」な付録は少なくなりましたね。ちょっとさみしい? 「赤ペン問題」を5月31日(木)までに届くように提出すると、「努力賞ポイント」がいつもの2倍もらえます☆

「発明発見リサーチファイル」は、ニュートンやエジソンなど5人の科学者・発明家の功績や、現在の科学技術への応用をマンガでわかりやすく紹介。(写真は、アルキメデスの「てこの原理」のページ)

「チャレンジ通信」では、齋藤孝先生が登場。「段取り力」をつけるための方法が参考に。

今月から「チャレ友」の一人が塾にも通うことになって、ネェネの「勉強会」がなくなってしまいました。学年が上がってから宿題も増えて、毎日大変そう。
「4月号、大丈夫かな?」と心配でしたが、なんとっ!自主的に机の上を片づけ(T-T)、居間から部屋に移って勉強を。

前号「未来!発見BOOK」の特集を真似して「高学年づくえ」に改造した? それとも、チャレンジを始めて4年。やっと「自学自習」の力が? 早くも「赤ペン問題」を提出♪です。

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>