先々週から先週にかけ、「マイコプラズマ肺炎」(T-T)で9日間学校を欠席したネェネ。ゆうべ、ご飯を作っていたら、「あんなに休んだのに“一番”だったんだよ♪」とうれしそう。何が一番?

よくよく聞いてみたら、「算数のクラスで問題を解くのがいちばん早かった」とのことでした。

「チャレンジやっててよかった(^▽^)」

おおーっ、まるでCMに出てくるようなコメント。どうやら、休んでいる間にやった「チャレンジ4年生」のおかげだったみたいです。

そんなメインテキストの「算数」は、どんな感じかというと。(写真は12月号)

チャレンジは学校の教科書に合わせた教科書別編集。基礎を学ぶ「授業で役立つ!」のページでは、

「これが大切!」で要点を確認、

「これができればOK!問題」で理解度のチェックができます。

「テストで役立つ!」のページでは、

テストで100点をとるコツ!も載っている「ポイントまとめ」や

「テスト100点問題」で、今月の単元を総復習。

さらに、最後の「パワーアップ問題」で発展的な学習にも取り組めます。

中学受験対策には「オプション教材(別売り)」も必要かもしれませんが、学校の授業への習熟度を深めるなら、基本の教材だけで十分ネェネには役立っているようです。

元気になってきたころ、先生から電話で「算数はもう“分数”に入っちゃったから、できたら少し勉強しておいてね」と言われ、猛ダッシュでやったチャレンジ。ひょっとして、授業に遅れるのが心配?

「ううん。算数は面白いから」
……そのやる気、もうちょっと国語(いまだ手つかず)にも配分してほしい母でした(^-^;)

親ブログの2011.12.13の記事の再録)

公式サイト⇒【チャレンジ4年生】ホームページ
icon

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>