我が子が6年間受講した進研ゼミ小学講座「チャレンジ」写真付きレビューを中心に、チャレンジとZ会・ポピーとの比較など小学5・6年生(一部4年生)の通信教育に関する情報を発信中です!

市販ドリル・問題集か通信教育か?メリット・デメリット比較

  • HOME »
  • 市販ドリル・問題集か通信教育か?メリット・デメリット比較

自宅学習の教材を考える場合、

「市販のドリル・問題集」
「通信教育」(例:チャレンジ、Z会)や
添削問題のない「家庭学習教材」(例:月刊ポピー)

の利用になるかと思います。どちらがいいか悩みますよね~(´・ω・`;)

我が家では『チャレンジ』をやりながら「市販教材」も購入。それぞれのメリット・デメリットを挙げてみました!

(2018年11月15日更新)

市販ドリル・問題集のメリット・デメリット

市販ドリル・問題集のメリット

ドリルや問題集、参考書など市販の教材を購入する際の<メリット>としては、次のものが考えられます。

●「安い」ものが多い(100円ショップにも!)
●書店にあれば「直接比較」でき、教科によって出版社の種類を変えるなど「自由に組み合わせ」が可能。
●「有名な塾講師や教育者のメソッド(学習法)」を気軽に試すことができる。

「比較的安価で、好きなように買える」ということですね。

市販ドリル・問題集のデメリット

一方<デメリット>としては、

●必要な教材の量・質など、すべて「家庭で」見極めなければならない。
●添削課題やプレゼントなどがないので、「目標設定」や「やる気を維持するための工夫」を独自に用意する必要が。
●書店にない場合は通販でも購入できるが、実際に買ってみないと自分に合うかわからず無駄な出費になることも。(我が家も数冊……^^;)

つまり、市販ドリル・問題集は良くも悪くも

「選ぶ側の力量」に寄る

わけです。

先日、書店でネェネ(当時中2)のドリルを買おうとしたところ、本棚の前で立ちつくしてしまいました。

このたくさんの教材の中から、何を基準に選べばいいの??

そのとき私は思いました。

「チャレンジは楽チンだったなあ…」

と。

▼すぐ通信教育について見るなら下へ▼

 市販教材を選ぶなら
こんな教材があります

宮本算数教室 賢くなるパズル「首都圏最難関中学への進学率が高い」とテレビでも評判・宮本哲也さんの宮本算数教室の『賢くなるパズル』は面白くてオススメ

すみません、そのほかはあまり詳しくないので送料無料(例外あり)の通販サイトでの「人気順」にリンクをはっておきますね↓
【Amazon.co.jp】小学生 ドリル 人気順
【楽天ブックス】小学生 ドリル 売れている順

通信教育・家庭学習教材のメリットとデメリット

通信教育・家庭学習教材のメリット

楽チンだった『チャレンジ』をはじめとする通信教育・家庭学習教材。

具体的に<メリット>を挙げてみると

●「必要な教材」がセットで届く。
●ひと月あたりの学習量が決められているため「目標」が立てやすい。プレゼントなどで「やる気」を支援する教材も。
●「添削問題」があれば、子供の励みや親の参考に。
●副教材や学力診断、会員・保護者向け情報・学習相談など「基礎学習以外の知識やサービス」が得られる教材も。

つまり申し込みさえすれば「ほぼお任せ」できる点が大きな魅力です。

最低限必要な学習は押さえられていると思うので、もし足りない部分があれば、その+αだけを「市販教材で補う」

それなら学習目的も絞られるので、教材を探しやすいですよね。

また、どんな教材でも「独りで継続する」というのは大人でも難しいもの。お子さんへのなんらかの「サポート」が必要です。

すべてではありませんが、通信教育・家庭学習教材には「継続」のための

「プレゼント企画」や
「学習相談」などのサービス

が用意されていることが多いです。

進研ゼミ小学講座チャレンジから届いた努力賞の画像

チャレンジの努力賞

我が家でも「努力賞などのプレゼント」がなければ、もっと早く『チャレンジ』を退会していたかもしれません。

「添削問題」のある「通信教育」なら

答案が添削されて返ってくる

こと自体が子供の楽しみや励みになりえますし、親としては「採点の見本」が見られて参考に。

サービスを上手に利用すれば、親子双方にとって「支え」になるんじゃないかと思います。

通信教育・家庭学習教材のデメリット

もちろん、通信教育・家庭学習教材も完璧ではありません。

<デメリット>としては、

●市販の教材に比べると「高い」ことが多い。
●決まったセットで送られてくるので「教材に過不足」も。
●退会の連絡をしないと「自動継続」されてしまう。
●プレゼントなどの企画が、かえって「退会の妨げ」になることも。

ただ「値段」に関しては、先ほどの継続受講のための企画・相談や、教育に関する情報提供などの「サービス」も含まれているので、そこを加味しても「高い」のかを検討する必要が。

例えば

チャレンジの『実力診断テスト』(最新版の見本は公式サイト「小学講座の特長」iconで)は学習単元の得意・不得意だけでなく、「全国規模・都道府県単位での順位」もわかるという点が大手通信教育ならでは。

ちなみに「ネェネがチャレンジをやめて困ったこと」第1位は

受験の情報が届かなくなったこと

自力で集めなければなりません(ー ‘ー;)

また「教材の不足」については先で触れたとおり、「通信教育・家庭学習教材を基本として市販教材で補う」という使い方ができます。

「不要な教材が届く」というのも、実は自分で選んでいたら気づかずにいた良い教材なのかもしれないし、大人には不要でも「子どもには必要」という場合も。(「おもちゃのような副教材」でもネェネのモチベーションは上がりました)

市販教材は何を選べばいいか
わからない

お子さんに質問されても
答える自信がない

教育に関する「情報」が欲しい

という場合には

通信教育または家庭学習教材
(+必要ならば市販教材)

という形はオススメです。

勉強を続けるために大切なこと

自宅学習の教材選びは「お子さんが取り組みやすい教材を選ぶ」ことも長く続けるポイント。あくまでも主役は「勉強する本人」ですよね。

書店で市販教材を見比べることができない場合、たいていの通信教育・家庭学習教材では無料で「お試し」ができるので、その辺も便利です。

迷われたらいくつか取り寄せて、比較してみるとわかりやすいですよ♪
(お試し体験記⇒ Z会 │ ポピー

※通信教育・家庭学習教材は業者選びをあやまるとトラブルもありえますので、ご注意くださいね。

通信教育・家庭学習教材には
こんな教材があります

<教科書対応通信教育>
2012年度チャレンジ5年生4月号の画像

英語も毎月の『チャレンジ』
⇒安く受講する方法
公式サイトはコチラicon

Z会小学4年生夏のお試し添削で届いた教材見本など

1教科から選べる「Z会小学生コース」
⇒お得に入会する方法
公式サイトはコチラ

など

<オリジナル通信教育>

「百ます計算」の陰山英男さんが
スーパーバイザーのドラゼミ
(公式サイトが開きます)

など

<家庭学習教材(宅配教材)>
月刊小学ポピー無料おためし見本で届いたものの画像

『小学ポピー』⇒安くする方法
本部・公式サイト⇒http://www.popy.jp/shogaku/
代理店さんけん社⇒月刊教材ポピー


『格安Gambaエース』⇒特徴
公式サイトへ

など


スポンサーリンク


★親子で受講した進研ゼミに関する詳細は
ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
広告

カテゴリー

掲載教材(主要記事へのリンク)

Copyright © 高学年のための小学生の通信教育 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.
Topへ ▲