進研ゼミ小学講座「チャレンジ」などのベネッセが、顧客情報漏洩問題以来自粛していた新規顧客獲得への営業を再開しました。ただ、ベネッセの特徴的な営業形態であったDMは引き続き自粛。新たに対面型営業に力を入れるそうで、まず11月1日に東京の青山と西葛西に「エリアベネッセ」という店舗をオープンしています。

進研ゼミ小学講座「チャレンジ」も。対面型営業店舗「エリアベネッセ」とは

株式会社ベネッセホールディングスが10月28日付けで発表したニュースリリースによると、「エリアベネッセ」とは<地域で学びのコンサルティングを提供する>場として2015年4月に全国500カ所展開・2015年度来場者数のべ約300万人を目指す営業拠点。

ベネッセの商品・サービス情報への相談だけでなく、教育セミナーやワークショップも開催(一部有料)。エリアベネッセに配置された「学びプランナー」と呼ばれるコンサルタントや「大学生スタッフ」などが、子供や保護者の定期テスト・受験・進路など学習面に関する悩みや課題解決へ向けてのアドバイスもしてくれるそうです。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で紹介されていた「エリアベネッセ青山」の中を見ましたが、教材見本などが並んだ本棚とソファー・イスとテーブルが置いてある落ち着いた雰囲気。
奥まったところにある相談用らしき席はちょっとパーティションで仕切られていましたね。

以前は受講中でもオプション教材のDMが届いたり、退会してすぐに入会促進のための案内が来ていたので(※DMの送付は連絡すれば中止可)、今回の当面DMなしという判断は正直助かっている面もありますが、家にいながら「いま進研ゼミでは何をやっているのか」がわかったり、ちょっとした「無料おためし教材」が入っていることもあったので、その点は残念。(※2016年2月24日追記:DMはすでに再開されています)

それに「対面」ってけっこう勇気がいりますよねー。
3連休にやっていたエリアベネッセのオープニングイベントでは、先着順にプレゼントがあったりしたので行ってみたかったんですけれど^^

「個別面談」は要予約で所要時間も決まっているので、あらかじめホームページなどで情報を収集したりして、質問・疑問点を整理してから行かれると有意義な時間が過ごせるのかな、と思います。

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>