バカにならない通信教育の費用。

でもチャレンジにはいろいろな「割引制度」が。6年間受講した経験から知ってる限りのテクニックをご紹介!

上手に活用して少しでも教育費を節約できるといいですね^ ^

チャレンジ料金節約法1.
支払い方法

まずチャレンジの値段を安くするための「支払い方法」です。

これは「12カ月分一括払い」を選べば、かなりの割引に。

たとえば平成28(2016)年度『チャレンジ6年生』。

毎月払いの場合⇒5,779円×12カ月=69,348円(税込)
12カ月分一括払いの場合
59,808(税込)

と、1年で9,540円も安く!(※受講費は学年で変わるので4月号から支払った場合)

この方法の<短所>は、

  • 一度に出る金額が大きい。
  • 万が一ベネッセコーポレーションが倒産したらどう返金されるのかちょっと不明。

という点ですが、我が家では信用して下の子の「こどもちゃれんじ」も一括で払ってました。

途中で退会した場合は、受講した分だけをちゃんと精算・返金してくれるので(経験済み^^;)、その点はご安心を。

「6カ月分一括払い」もありますよ⇒【進研ゼミ小学講座】ホームページ「受講費一覧」icon

チャレンジ料金節約法2.
入金方法

チャレンジの入金方法は次の3種類↓

  • 郵便局(ゆうちょ銀行)もしくはコンビニでの「振込」
  • 郵便または銀行「口座自動引落」(※初めての入金には使えません)
  • そして「クレジットカード払い」

これを「クレジットカード払い」にすれば、振込や自動引落にかかってしまう「手数料」が「無料」になるので、その分お安くなるんです♪

ベネッセカード公式サイトiconによると、<最大1,440円のお得>(郵便振替を毎月窓口でした場合の12カ月分との比較)。

「節約法その1」の例と合わせると、ここまででも年間最大1万980円も違う!

振り込むのとか面倒だし手数料もったいないし。うちも「カード払い」にしていました。

チャレンジ料金節約法3.支払い用カード

では何のカードで払えばいいのか?

もちろん現在お持ちのカードでも良いのですが、チャレンジの受講費には「ベネッセカード」がオススメ!

なぜなら

カード入会&講座への利用での
初回受講費割引キャンペーン

をよくやっているからです。

うちは500円引きのときに入会。ほかのカードで500円分のポイントをためるのって結構大変ですよね。1%でも5万円、0.5%なら10万円の買い物をしないと。

しかも割引金額はキャンペーンの時期によって異なり、

2017年5月31日発行分まで
1,000円割引中

ですよー

さらに貯まったベネッセカードのポイント(ベネッセポイント)は「チャレンジの支払い」にも利用可。

一方、ベネッセカードの<難点>は

  • ベネッセJCBカードのポイントの交換率が「通常0.3%」と、高くない
    (ただし、ベネッセ一部商品や提携サービスでは「最大6%相当」に。サービスに制限はありますがベネッセ・イオンカードならときめきポイントと合わせて「最大5%相当」)
  • ポイント利用には「事前申請」が必要
  • 利用は「100ポイント=100円相当ごと」

というところですが、

進研ゼミ契約者のもしもの場合に
「お見舞金2万円」

「こどもちゃれんじ・進研ゼミの教材を無料で半年間お届け」という
<お見舞い制度>

はベネッセカードならでは。

その他優待サービスもいろいろあり、我が家では「スタジオアリスの撮影半額券」や「ファミレスの割引クーポン(※)」で得をしました♪(※はベネッセカード会員なら無料で会員になれる「ベネッセ クラブオフ」でのサービス)

ベネッセカード公式サイトiconでお手持ちのカードと比べて「お得!」と思ったらご利用をオススメします。

チャレンジの割引適用のための
ベネッセカード入会時の注意点

ベネッセカードへの入会方法は、「進研ゼミ小学講座入会申し込み画面」iconから(すでに進研ゼミ会員の方は「ベネッセカードホームページ」iconから)

「ご入金方法」で<これから新しく作るベネッセカード>を選択
入会または変更手続きを完了
↓↓↓
カード入会の手続きをすればOK

なのですが、チャレンジの受講費が割引になるための注意点がこちら↓

カード入会より先に「チャレンジの入金方法」を設定してください!

でないと、「割引が適用されない」そうですので、くれぐれもご注意ください。

さらに注意:カード破産をした人を知ってます。クレジットカードは「お得」に使ってくださいね!
<カードの発行までに約3~4週間かかります>とのことなので、キャンペーン期間中のお申し込みはお早めに。

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>