我が子が6年間受講した進研ゼミ小学講座「チャレンジ」写真付きレビューを中心に、チャレンジとZ会・ポピーとの比較など小学5・6年生(一部4年生)の通信教育に関する情報を発信中です!

Z会小学生コース5年生・6年生とは

  • HOME »
  • Z会小学生コース5年生・6年生とは
Z会から届いた2019年度小学生コース6年生向けおためし教材と添削問題の写真

Z会小学生コースの「おためし教材」と「添削問題」。
(写真は2019年度6年生向けの場合。無料資料と同封)

『Z会小学生コース5年生・6年生』のデータ一覧。

チャレンジ、小学ポピー、がんばる舎、いちぶんのいちにないZ会独自のサービスにはをつけ、下にまとめました。

Z会小学生コース5年生・6年生とは
データ一覧

Z会小学生コース(本科)
2019年度データ(消費税率8%の場合)
小学生コース
5年生
小学生コース
6年生
(2月号まで)
開講 1999年(平成11年)
事業者名 株式会社Z会
教科 国語(オリジナル)、算数・理科・社会(教科書対応)、英語(オリジナル)
入会金 なし
料金
(毎月払い)
2,111円(1教科)~9,376円(5教科・セット割引適用) 2,190円(1教科)~9,771円(5教科・セット割引適用)
一括払い割引/あり(6カ月、12カ月※6年生は11カ月)、4教科・5教科セット割引も
入金方法/クレジットカード・口座引落(ネット入会のみ)、振込(郵便・コンビニ)
ほか必要な費用/振込手数料、課題ほか郵送料、インターネット接続料
自動継続 高校3年生終了まで
教材 メインテキスト「エブリスタディ」(1回40分×スタンダード4教科15回、英語1回20分×7回)※国算理社には料金追加ハイレベルあり
受講特典教材(入会時期・教科により異なる)
動画教材
英語発音 録音機能付き音声ペン
プログラミ
ング教材
教科学習にプログラミング的思考が身につく問題を用意
検定対策 「英語」は英検5級以上の英語力養成(専用書籍などの併用を推奨)
添削問題 全教科 担任指導者制、デジタル方式返却あり(1教科40分。5年生3月は「学年末実力テスト」)
成績表 添削問題にあり
授業進度
対応
なし
中学入学準備 小学6年生対象「中学準備コース」(11~2月号)あり
発達障害
支援
自立学習
支援
学習カレンダー
その他
読み物
情報紙「エブリ情報局」(毎月)
プレゼント あり(努力賞)
学習相談 しつもんカード・Webで質問
保護者向け
情報
情報サイト「さぽナビ」
ほかサービス 特別優待受験「日本語運用能力テスト」、6年生英語のみ「英語CAN-DOテスト」も
最初の教材
が届く時期
申し込みから約10日後にスタートセット、受講月に教材到着
お試し教材
・資料請求
無料おためし教材・資料あり
最短受講
期間
1カ月
退会 毎号〆切あり(一括払いも途中退会可・再計算後返金)
返品 不可
海外受講 あり
オプション教材
(単独受講可)
専科/作文、公立中高一貫校適性検査、公立中高一貫校作文(6年生)
別コース タブレット/小学生タブレットコース(6教科セット)
中学受験/中学受験コース(本科、6年生のみ専科も)

Z会小学生コース5年生・6年生とは
データ一覧より独自サービスまとめ

Z会小学生コースならではの独自サービスをまとめると

     
  • 国語と英語がオリジナルカリキュラム。国語は取り扱い作品数が一般的な教科書の約3倍、英語は英検5級以上の内容(検定対策は専用書籍等併用を推奨)。
  • 6年生は2月までで終了。早くも3月から中学生向けコースに。
  • 追加料金が必要なものの、国語・算数だけでなく理科・社会にもハイレベルあり。
  • 英語の発音は録音機能付き音声ペンで学習。
  • 国算理社でプログラミング的思考を身につける問題あり。
  • 添削問題・成績表が全教科に。
  • 中学入学準備は短期集中別講座あり。
  • 日本語や英語(6年生のみ)のテスト優待受験あり。
     

また、Z会小学生コースは5教科の料金は高めですが「1教科からでも毎月お届け」

目的に合わせフレキシブルに通信学習ができる点が、大きな特長です。


Z会小学生コースお得な入会申し込み方法とはのページへのリンク

イード・アワード2018通信教育
小学生総合最優秀賞
Z会の通信教育は▶公式ページはこちら


★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>
広告

カテゴリー

掲載教材(主要記事へのリンク)

Copyright © 高学年のための小学生の通信教育 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.
Topへ ▲