チャレンジ6年生の「4教科パーフェクトクリア 英語音声つき」に並ぶ目玉教材、「ポケットイングリッシュマスター」とは。
<小・中学校の授業でよく使われる100語>を収録(箱の「おうちのかたへ」より)。

(説明書つき。4月号までの限定付録「カスタムセット」のシールでデコってます^^)
携帯しやすく、ネェネも片手で操作できるミニサイズの英語学習プレーヤーです。

 

詳しい使い方は説明書の裏に。
ボタン電池CR2032×1個使用で、電池寿命は<1日5分の使用で約3か月>だとか。

操作するのは、電源の「オン/オフボタン」、「選択・決定ボタン」と前の画面に「もどるボタン」の3つ。
そして、本体下にはイヤホンを差し込む穴「イヤホンジャック」が。

この教材はイヤホンからでないと音が聞こえないので、使っている間も周りは静か。他人がいる場所で聞いても迷惑にならなさそうですね。(音量は16段階調整可能ですが、ネェネ曰く「音が大きいので下から2番目までしか使わない」。でも、最大にしてもイヤホンから、かすかに聞こえるくらいでした)

それから、ここが面白いんですけど、「選択・決定ボタン」はダイヤルにもなっていて、上下に回すと「選択」、押すと「決定」ができるんです!

本体裏には、どうしても動かなくなったときに押す「リセットボタンの穴」もありました。

さて、実際に使ってみました♪

電源をONにすると、キャラクターのアニメーションのあとに

「さがす」と「設定」の画面が。
(「設定」では、音の大きさと画面の明るさが変えられます)

この教材は、<言いたい英語表現を日本語から検索>(「おうちのかたへ」より)できるところがミソ。「こう答えたいんだけど、英語ではなんて言うんだろう?」がわかるんです。

ボタンを押して「さがす」に決定。

すると、「リスト」が登場。
「あいさつ・気持ち・天気・曜日」のほか、「時こく・たん生日・教科・食事・いろいろな表現」の9つから選べます。

「気持ち」を選んでみました。

すると、質問文(表現はいつも同じです)と音声が出て、すぐに次の画面に。
(あいさつは「Greetings/あいさつする。」、食事は「Meals/食事」、いろいろな表現は「Let’s try!/言ってみよう!」と、質問文ではありません)

答えを選択。(「気持ち」には12の表現がありました)

たとえば、「うれしい」を選ぶと、

キャラクター・ロビーのアニメと「I’m happy.」の発音が。(ネェネが「声がかわいい~♪」)

「選択・決定ボタン」を上下に動かすと、

英文と意味を確認できます。
そのまま「選択・決定ボタン」を押すと、また発音が聞けますよ。

答えの画面で「連続再生」を選ぶと、質問やイラストが次々と表示され、同時に英語の発音も流れます。

約15分使い続けると、

「目を休めよう!」のイラストが。(一瞬なので、上の写真は説明書を撮りました)

そういえば、ちょっとしたサプライズが。

電源を消すとき、「See you!」と言って、ロビーとは別のキャラクターが出てくるのですが、ごくまれに、低学年からチャレンジを続けている子には懐かしい「あのキャラクター」(せっかくなのでナイショ……バレバレ?)が登場するんです!!

ネェネがちょっと嬉しそうでした^^

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>