(親ブログ>>当サイト説明参照の2012.01.26の記事の再録です)

しばらく前のこと。ネェネが突然、「中学受験させて」。へっ(・◇・) なぜ??

なんでも「難しいことに挑戦したい」んだとか。

残念ながら我が家には私立中学に通わせる経済力はないので、しばらくその話はなかったことになってたんですけど、そういえば、「公立中高一貫校」なんていうのができたんですよね。「国立中学」というのもあるみたいだし。

「じゃあ、ちょっといろいろ調べてみるか」と思ったらタイミング良く、夏に資料請求したZ会(記事:Z会から無料「夏のおためしてんさく」来ました。夏休みの学習に☆)から「中学受験コース 5年生」の案内が届きました。壁に耳(^-^;)?

友達が浪人時代に使っていたZ会。
みごと「東京6大学に合格」したので、実は一目置いていたんです。

CA3G0273.jpg

Z会「中学受験コース 5年生」の見本(算数)↑

派手さはないですが面白いのか、無料おためし教材が届くたびに「算数」はネェネが自分から解いてます。

公立中高一貫校受検対策なら、進研ゼミ小学講座にも「作文・表現力 公立中高一貫校受検対策コース」というオプション教材があるし、受講生(チャレンジなども含む)の平成24年度合格者数も2800人超!(記事:ベネッセ「公立中高一貫校受検対策コース」申し込みの決め手

でも難関国私立中学の入試レベルになると、新5年生は「国語算数ハイレベルテキスト」(>>ホームページ「オプションドリル 5年生(平成24年度)」
icon)になるのかな? ちょっと弱いかな~。

一方、Z会の「中学受験コース」は、かなり力を入れている感じなんです。

「小学5年生 2012年度 入会案内書」によると、3年生から受講できるこのコース。5年生の時点ではかなり進んでいるため、未履修単元を市販の参考書などで<補習する必要がある>くらい。(通信教育を「補習」って……)

9a976e5b.jpg

たとえば、「理科」では、4年生までに6年生までの教科書の範囲を一通り学習>してしまうんです! レベル、高っ!!

それでも「対象校についてのQ&A」のコーナーで、「Z会の受講だけで大丈夫?」という質問に<Z会の教材を学習サイクルの基本として、お子さま個々の状況に合わせた学習を>という答え。

中学受験って大変……

そうなると、たとえば塾などの併用が考えられますよね。
Z会の「中学受験コース」は、

CA3G0015.jpg

・国語・算数・理科・社会の4教科が、1教科から受講できる
・レベルも志望校に合わせて、「スタンダード」と「ハイレベル」から選べる
(追加料金はナシ)
テキストだけ、添削問題だけの受講もできる

など、希望に応じて選択できる幅が広いところがいいですよね。テキスト+添削だと1教科でも5,500円(毎月払いの場合)と、だいぶ高めですけど^^;(塾よりは安い?)

6年生向けには、「受験重点演習」や「志望校別演習」といった3カ月だけの講座もありました。

新3年生は4月から、新4・5・6年生は2月開講。ネェネの受験も考えないと……(-“-)

Z会中学受験コースについて詳しく知りたい方は>>Z会ホームページへ

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>