受講中のチャレンジと比較したくて、ネェネが小学5年生のときに月刊『小学ポピー』の無料おためし見本を申し込んでみました。

月刊小学ポピー無料おためし見本で届いたものの画像

勧誘など、「ポピーのおためし見本を取り寄せるとどうだったのか」という体験談のまとめです。

小学ポピー「無料おためし見本」を請求して何が届いた?

小学ポピーとチャレンジって、何が違うのか?

無料♪なので、小学ポピーを取り扱っている全家研(全日本家庭教育研究会)に5年生の「おためし見本」を申し込んでみました。

郵送で届いた教材・資料がコチラ↓

小学ポピー5年生お試し教材

  • 『おためし版 ポピー5年』(教材見本)
  • 『小学ポピー 平成24年度版 ポピーからのおしらせ』(資料)
  • ご入会をご検討されている方へ
    「月刊ポピーを5年以上続けられている方にお聞きしました。
    (ポピーを始められた理由・続けていた理由 アンケート結果)」
    「FAQよくある質問(通信添削付き教材との違いについて)」
  • 小冊子『家庭学習の手引き【小学生版】 ほめて伸ばす家庭学習のコツ』
  • 月刊ポピー申込用紙&封筒
  • セットが収納されていたファイル(その他、広告が1枚。公式サイトによると<お住まいの地域により代理店よりお届けする場合も>あるそうです)

見本は

「毎月届く教材の一部」ですが、

ワークだけでなくテストもあり、実際に取り組んでみることで、より教材との相性がわかるのではないでしょうか。「英語」の教材がないのは残念。

ポピーの資料請求をすると「勧誘」はどうだった?

無料とはいえ、資料や教材見本を請求するときに気になるのが「勧誘」ですよね。

今回、全家研本部に請求した小学ポピーの場合、「電話の勧誘」どころか、ネェネが小学校を卒業するまで「DMが1度きたかな?こなかったかも?」というくらい、ほぼ何もありませんでした。

月刊『小学ポピー』おためし見本ワーク(国語)の画像

教科書の対応ページがわかりやすい『小学ポピー』

小学ポピーのおためし見本って「WEB見本」と何が違うの?

いまは公式サイトでも詳しい情報が手に入る時代。

小学ポピーも、WEB見本(スマホなら「ポピーおためしウェブ」)で『小学ポピー おためし版』(「答えとてびき」あり)が「ほぼ」全ページ見られます。

しかも、小学ポピーには「動画」の教材もあるのですが、その「見本動画」が見られるのはWEBならでは。

ただ「ほぼ」全ページと書いた理由は、WEB見本には「国語」の引用文(問題文)が著作権の関係で掲載されていないんです。

また「テスト」の見本はないので、実際に問題に取り組んでみたい方は、やはり「おためし見本」を請求したほうが良さそうです。

うちに届いたものとまったく同じかは不明ですが、

WEB見本にはない『家庭学習の手引き』は、いまでも届くそうですよ。

公式サイトは⇒http://www.popy.jp/shogaku/

ポピーの会費を安くする方法(記事)はコチラ

スポンサーリンク
★進研ゼミに関する詳細は⇒ベネッセの通信教育(公式サイト)icon

★記事の間違い等はお問い合わせフォームから教えてください<(_ _)>